FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

長屋王


悲劇の死を遂げた事で有名な長屋王。
御陵は奈良県平群町梨本にあります。


高市皇子を父とし、正妃が吉備皇女、子が膳夫王、桑田王、葛木王など。
長屋王と吉備内親王は共に天武天皇の孫に当たります

?(676)729自殺により没

715年、皇位継承者から外れた彼は「親王」となり
右大臣藤原不比等が死去後は名実共に政権トップとなりました。

特別な待遇を受けた長屋邸での優雅な生活。
また、文人だった彼は「万葉集」や「懐風藻」に詩や和歌が残っています。


そんな長屋一家に(何だかこう呼ぶとビンボウ一家みたいだな…)
729年2月12日(旧暦)悲劇が。

ある日突然、彼を疎ましく思っていた藤原四兄弟
(武智麻呂・房前・宇合・麻呂)らの軍隊に
彼の屋敷は取り囲まれます。
「長屋王の変」です。


掛けられた疑いは「呪術で聖武天皇を呪った」事。

もちろん陰謀。
謀反の罪をきせられたわけです。

親王待遇が悲劇の引き金となってしまった彼…
妻子全てに毒を飲ませ自ら絞殺。
自分も毒を飲んで自害しました。

長屋王一族は一瞬で滅亡したのです。
短い栄華の日々でした。


これは吉備内親王(奥様)の御陵前からみた長屋王の御陵遠景。

とても近くにあります。

この夫婦の御陵。場所的には疑わしいらしいのですが
奥様がスグそばで見守っている感じがとても良かったのでので
「もうここでいいじゃん」と思っちゃいました。



さて、長屋王といえばその豪華@優雅@広大な邸宅が有名です。
「長屋王の変」の舞台にもなったその場所にも「ちょっと行ってみたいわ。」と思う方は
ささ、恒例のクリックです。