FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS



岩内1号墳


和歌山県御坊市岩内


注意:怒らないでください。




今回は有間皇子伝承古墳「岩内1号墳」です。
有間皇子といえば死にたくなくて必死であがいた人というイメ〜ジだったんだけど、いまは

「空腹のヒグマがいる穴に、す巻きで放り込まれた皇子」

というよけいヘンなイメ〜ジ…。(ノ∀`)




そんな「有馬皇子の墓」という伝承がある
岩内1号墳ですが、

たいした盛り上げもなく、アッサリとした扱いの御坊市です。





有馬皇子は
「カワイソ皇子シリーズ」の中でも
悲惨度がダントツプの皇子。

そんな皇子を盛り上げつつ(ヘンな方向で
辿って行きます。
案内板はクリックで拡大画像がでます。




玄関入っていきなり大広間かよ。( ̄□ ̄;)!!
というくらいいきなり墳丘が出迎えてくれます。

7世紀中ごろの一辺13Mの方墳です。
夢を壊すようでナンですが、石室、墳丘ともかなり破壊が進んでいたようで
現在の姿は復元です。




「古墳」の臨場感が無くなるくらい「方」墳にしすぎだと思います。
というココロの呟きはおいといて、有間皇子のことをちょっとおさらい。

有間皇子は孝徳天皇の息子。
645年に孝徳天皇(軽皇子)が即位したのですが、
当時、絶対的な政治の実権を握っていたのは中大兄皇子でした。




戻る                進む